「良い!」と感じるサービスで、大きな市場を狙っていける

トラーナ マーケティングディレクター 白鳥わか子

「出来ることがあればお手伝いしますよ」

トイサブ!との出会いは、私自身が初期ユーザーだったことから始まります。何が子供に合った玩具なのか分からないし、買ったところですぐに飽きてしまうし・・・、自分自身の悩みを解決してくれるサービスこそがトイサブ!だったというわけです。

ユーザーになって1年程経過した頃、ある日突然「株主になりませんか?」とまるで詐欺の様なメール(※)が志田さんから届きました。ユーザーとしてサービス価値は感じていましたし、前職で新規事業の立ち上げを行っていた経験からも、一定のビジネスポテンシャルはあると考えていました。その結果、ユーザーという立場に加えて、個人株主としてもトラーナに関わっていくことになりました。

株主としてサービスの成長を応援するのは当然のこと。あるタイミングで「出来ることがあればお手伝いしますよ」と軽い気持ちで志田さんにお伝えしたところ、気が付いたらイベントの運営サポートや、ユーザー向けミーティングの企画・運営、プラン作成など、もはやお手伝いの枠を超えてコミットするようになっていました。

意思決定がサービスと自分自身を進化させてくれる

 外資系金融機関や、事業会社でのM&A・新規事業立案に従事していたこともあり「大きな市場で、伸びるビジネスをやる」経験は積んできたと考えていますが、それらに加えて心から「良い!」と自ら感じているサービスに携わっていることが、トイサブ!ならではの特徴です。

同世代の知人にサービスについて話をすると「要らないかな」と否定的な声を聞くことはほとんどありません。つまり単なる魅せ方ではなく、実需に応えるサービスだと実感しています。時に「どうすればいいのだろう?」と暗中模索の中で前に進まなくてはいけないこともありますが、それは事業運営をする上では必須の経験。想像以上のスピードで、大小様々な意思決定をしていくことが、サービスも自分自身も進化させてくれるのだと感じています。

 

ご応募はこちら

careerページにもどる

※1000万以下の私募の範囲で実施し、財務局に対する確認も経ており、金融商品取引法への抵触はございません。なお、2020年1月現在、同様の募集は弊社では行っておりません。